噂は本当だった!BUSTEDが10年振りに再結成&ツアーで復活へ!!

突如YouTubeに公開された1本の動画。
そこには大人になった3人の姿が。

最後に出てくる言葉。

「BUSTED are back!」

おぉぉぉぉぉぉー!!
最高にポップでキャッチーなバンド「BUSTED(バステッド)」が帰って来ました!!

僕は高校生の時にBUSTEDのコピバンをやっていました。
当時CDが擦り切れるほど聴いた 、思い入れの強いバンドです。

人気絶頂の内に解散してしまったBUSTEDの復活の声を待ち望んでいたのは、きっと僕だけではないはずです。
嬉しすぎるので、とにかく筆に任せて書きます。BUSTED熱を伝えます。

⑴人気絶頂で惜しまれつつ解散。イギリスの伝説バンド「BUSTED」

4作のシングルが全英1位、アルバム2枚を含めたトータルセールスは500万枚。
恐ろしい勢いでスターダムにのし上がった最強バンド、それが「BUSTED(バステッド)」です。

2002年にデビューし、そのキャッチーなメロディとおバカな歌詞で一躍人気者になりました。

とにかくBUSTEDの曲を一度聴いてみてください!

Air Hostess

ほとんどの曲がポップなパンクロック。
サビは3人の絶妙なハーモニーが素晴らしいバンドです。

アルバムはたった2枚のみのリリースですが、2作目の「A Present For Everyone」は名盤と呼ぶに相応しく、一度も飽きさせることなく最後までテンションMAXで突き進みます。

「A Present For Everyone」はイギリスで100万枚以上の大セールスを記録しました。またその後リリースされたシングル「Thunderbirds Are Go」は映画「サンダーバード」の主題歌となり、全英チャート1位を獲得しました。

しかし全米進出も視野に入った2005年、BUSTEDは解散しました。

メンバーの1人チャーリー・シンプソンが脱退した為です。当時3人のルックスからバンドよりアイドル的な扱いを受けたため、仲違いしたという噂が流れました。(真相はいかに。。。)

その後はそれぞれでバンドを結成し活動していました。しかし、元メンバーのジェイムス・ボーンとマット・ウィリスのバンドが合流し、再結成の期待が高まってきていました。

そんな中、チャーリーと2名が連絡をとりはじめたという噂が流れ、期待は最高潮に。

そして解散から10年、公式HPにて再結成&ツアー発表という今回の嬉しいニュースに繋がるのです!

2)とにかく聴いてほしい!Bustedのおすすめ曲をまとめ。

busted

⑴ Thunderbirds are go

全英でスマッシュヒット!映画「サンダーバード」の主題歌。

⑵ Crash The Wedding

全英1位獲得。結婚式で花嫁を奪えーっ的な曲です。

⑶ Nerdy

メロディラインが心地いいミディアムポップなナンバー

⑷She Wants to Be Me

疾走感溢れる、BUSTEDらしい一曲!

⑸hurra hurra die schule brennt

ドイツ語で歌うレア曲!若々しい3人が眩しいパンクロック!

3)ツアーも決定!予習のためのおすすめCD・DVD

同時に2016年5月にイギリスで13箇所をまわるツアーも決定!!
詳しくは公式HPにコメント付きで掲載されています!
新曲に関しては情報がありませんが、続報をチェックしていきたいですね。
以下はおすすめのアルバム&DVDです。

⑴Busted
まさにベストアルバム!いい曲全部入っています。

⑵TICKET FOR EVERYONE
LIVE DVDならこちら。興奮度は半端ないです。

⑶A Present For Everyone
不朽の名盤の2ndアルバム!

最近は大好きだったバンドの再結成が多くて興奮する日々です。
青春が帰ってきたみたいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.

*


CAPTCHA