連載40周年!2016年に200巻を迎える「こち亀」の記録だけに留まらない意外すぎる事実7選

2016年になんと連載40周年を迎える「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。
モデルの地である亀有では、街をあげてのお祝いムードです。

僕はケニアからの帰国後、亀有で暮らしています。
今回は、そんな大好きなこち亀の魅力をお届けします。

1)少年マンガ発行部数でなんと歴代3位!

現在の発行部数は、なんと1億5650万部!!
1位のONE PIECE、2位のドラゴンボールに次ぐ第3位の記録です。

巻数が多いからでしょ?っと言いたくなるが、
1冊あたり約80万部売れているんだから文句のなしの人気マンガでしょう。

ちなみに4位が名探偵コナン、5位がNARUTOだそうです。

2)ギネスにも認定!40年間休載なしの週刊連載!

「少年誌の最長連載記録」のギネス世界記録を保持しているのがこち亀。
連載から40年間にわたって、休載が一切ありません。

万が一倒れた時のために、しっかり余分に書いてストックしているとか。

3)既刊197巻で実質世界ナンバー1!

こちら葛飾区亀有公園前派出所 197 (ジャンプコミックス)
秋本 治
集英社 (2015-12-04)
売り上げランキング: 2,117

 

こち亀は現時点で197巻まで発売されています。
ただ191巻以降は通常の1.5〜2倍の話数が収録されています。
なので普通に収録していたら軽く200巻を突破しています。

ちなみに手塚治虫文庫全集200巻や石ノ森章太郎萬画大全集500巻という記録がありますますが、どちらも作者没後に編集されたものです。(どちらにせよ恐ろしい記録ではあるが。。。)

4)常にトレンドを先取り!幅広いテーマの数々。

b255e3db

Photo by:gaharok u

こち亀のすごいところは、常にリアルタイムなトレンドをテーマに盛り込んでいるところ。
20年前に発売された100巻では、すでにホームページを作成している両さん。
近頃ではドローンをテーマや風船宇宙撮影をテーマにした話も。

また亀有、浅草、神田などの歴史もさらっと触れている話も多く勉強になります。
今年63歳にして、未だ流行に敏感すぎる秋元先生に脱帽です。

5)JR亀有駅周辺にはこち亀キャラクターの銅像が多数存在!

IMG_3703

亀有駅の北口を出ると、等身大の両さんとモデルとなった派出所がお出迎えしてくれます。
実は銅像はそれだけではなく、亀有周辺に現時点で14体も存在しています。

2006年から製造されており、亀有公園や香取神社などこち亀由来の場所にあります。
全部回っても30分程度なので、亀有に来た際にはオススメです!

6)高視聴率を連発した国民的アニメだった!

こち亀のアニメは1996年から2004年にかけて約8年間放送されました。
その平均視聴率は驚きの17%!!

最高視聴率は19.1%とまさに国民的アニメでした。

7)海外でも人気あり!中国人観光客が押し寄せる!!

IMG_3699

こち亀の人気は日本だけに留まりません。
お隣の中国では”烏龍派出所”の名で親しまれています。

週末ともなると中国人が亀有駅に観光にやってくるほどです。
それに対応して駅前には中国語の観光マップもしっかりと用意されています。


番外編)ドラマの両津役にSMAPの香取慎吾が抜擢される!

忘れているやもしれませんが、ドラマで両津を演じたのはあの香取慎吾です。
まさか両さんとしてSMAPを連れてくるなんて・・・さすがです。
視聴率こそ奮いませんでしたが、映画も公開されています。

両さんとしてミュージックステーションにも出演するなど頑張っていたんですが、すでに黒歴史なのかな。


以上、こち亀の意外と知られていない偉業の数々でした。
40年愛され続けるマンガってだけですでに偉大ですけどね。

次回は我が街亀有の魅力をツラツラと語りたいと思っております。

さぁ今年はこち亀を読もう!!

こちら葛飾区亀有公園前派出所 全26巻セット (集英社文庫―コミック版)

Leave a comment

Your email address will not be published.

*


CAPTCHA