2015年の紅白歌合戦は期待を裏切らない安定感に評価大!勝手に名シーン・名演出を5場面をまとめてみる。

2015年も紅白歌合戦が終わり、2016年がやってきました。

「懐メロ大会」など揶揄された2015年の紅白歌合戦でしたが、非常に無難な感じで終わりました。
確かに「ザ・ベストテン」感は満載でしたが(笑)

まぁ目新しさはなかったものの、結局最後まで見てしまう紅白の安定感はさすがです。
Twitterなんかを見ていると、なんやかんやでみんな紅白を見てるんですよね。

さて2015年の紅白歌合戦ですが、スターウォーズと嵐のコラボ、森進一の紅白引退、BUMP OF CHICKENの初登場などそれなりに話題もありました。
そんな中で個人的に2015年の紅白歌合戦でよかった名シーン・名演出を独断と偏見でまとめました。


5位:前田敦子、大島優子がAKB48にサプライズ登場。貫禄を見せつける。

IMG_3746

卒業発表や関連グループの大量投入など毎年特別扱いが続くAKB48の紅白のステージ。
今年は何かと思いきや、前田敦子と大島優子が突然の登場で高橋みなみが涙を見せる場面が。

2人が混ざることで、改めていかに前田敦子と大島優子の存在感が大きかったがわかるような気がします。
逆にせっかくの若手にほとんどスポットが当たってなかったのが可哀想ですね。
演出とはいえ後輩に道を譲った方が・・・、と思わせてしまうほどの貫禄がありました。

IMG_3747

今年も歌の途中でコメントが挟めるあたり、さすがの特別待遇ですが楽しめました。


4位:もはやガンダム!?ラスボス小林幸子のメガ幸子とニコ動連動ステージ。

IMG_3753

ボーカロイト初音ミクの楽曲「千本桜」を携えて、満を持して紅白のステージに帰ってきました。
同じみのメガ幸子の演出かと思いきや、背景にニコニコ動画のコメントが登場!

その姿がフリーダムガンダムに似ていると話題に。
最後までTwitterやニコ動を大いに盛り上げてくれました。

IMG_3756

ラスボスらしい神々しくも斬新なステージでした。


3位:ラブライブ新作映像にファン歓喜!完璧なパフォーマンスを魅せたμ’s。

IMG_3741

リハーサル映像からお茶の間の反応が心配されたμ’s(ライライブ)のステージ。
登場の前にはまさかの新作映像公開で、大いに盛り上がりました。
今回無念の欠席となった絢瀬絵里役の南條 愛乃もアニメを通じて参加できてよかったですね。

IMG_3745

アニメ紅白の流れやイノッチの丁寧な解説もあり、ほとんど違和感なく楽しめましたね。
2016年は続編のラブライブ!サンシャイン!の本格展開もありそうで、今年もラブライブ!から目が離せませんね。


2位:ゴールデンボンバー、又吉を巻き込む期待を裏切らない素晴らしいステージ。

体操の替え玉に頭丸刈りと毎年紅白を盛り上げるゴールデンボンバー。
4年連続「女々しくて」という紅白タイ記録を作った彼らが今年も爆笑ステージを魅せてくれました。

IMG_3750

今年は樽美酒が相撲を取るという内容。
対戦相手はまさかの審査員の又吉!
着物の下にしっかりと廻しを付けている又吉に会場は爆笑。
勝利した樽美酒は、頭で除夜の鐘をつき、頭から「火花」!っというオチでした。

ダルビッシュの対戦相手を決めるルーレットで、和田アキ子を前振りに使ったのは見事でした。
こちらも見たかった、、、

IMG_3751

次も「女々しくて」なら紅白引退を明言するゴールデンボンバーには、2016年も「女々しくて」のパフォーマンスを期待したいですね。


1位:X JAPANの圧巻ステージ。Yoshikiの演奏とToshiの歌声に聴き惚れる。

豪華なパフォーマンスもいいですが、個人的にはやはり年末は歌声に聴き惚れたい!
今年もSuperfly、MISIA、いきものがかり、森進一、美輪明宏などが聞き応えのある歌声を披露してくれました。

そんな中でやはり個人的にNo.1はX JAPANでした。
X JAPANはベストアルバムしか聴いたことがないんですが、本当に素晴らしいステージに感動しました。

IMG_3758

18年ぶりの紅白のステージは、メンバーの死、解散など様々な出来事を乗り越えた新たなX JAPANによる力強いパフォーマンスとなりました。
ドキュメンタリー映像や亡きhideのギターを添える演出はファンでなくても感動。
Yoshikiの柔らかいピアノ演奏と激しいドラム演奏も華を添えました。

IMG_3762

メドレーで2曲を披露しましたが、感覚的に短く、もっと観たい気持ちが残るほどでした。
年を重ねると声が劣化していくアーティストも多い中、Toshiの伸びやかなハイトーンボイスは健在でした。

「来年も日本に帰ってくる」と2016年の紅白に前向きなコメントしましたので楽しみですね。


 

他にも、V6が「愛なんだ」を唄ったのもよかったですねー。
イノッチの安定感溢れる司会も高評価です。
言い始めたらキリがないので、この辺りで。

次に気になるのは視聴率ですね!
なんやかんやで30%後半から40%はしっかり取ってきそうな気がします。

 

《Sponsored link》
AmazonプライムMusicで「ゲスの極み乙女。」「Indigo la End」「ケラケラ」「赤い公園」など多くのアーティストの音楽を無料で視聴することができます!おすすめです!!

Leave a comment

Your email address will not be published.

*


CAPTCHA