初めて稲門祭に企画ブース出展!早稲田大学の凄さに驚愕した1日。

先週の休日は早稲田大学で開催されていた稲門祭に参加してきました。

IMG_2956

1)初の稲門祭に企画ブース出展!

僕が2011年に関東で立ち上げた任意NPO”国際アドバカシー団体 FAVLIC”が稲門祭にてブース出展をしました。
ケニアに行ってからは運営をお任せしているのですが、たまにお手伝いと思い参上しました。
FAVLICはフェアトレード商品の販売を通じて国際問題を啓発する活動を行っています。

今回販売した主な商品は4つ。
⑴ ケニアで作成したサイザル麻のバッグや小物類
⑵ カンボジアで作成されたミサンガ
⑶ ミャンマーで作っているポーチなどの小物類
⑷ シリアの難民の方々が作ったピアスなどのアクセサリー小物

IMG_2930

ケニアの商品は僕が青年海外協力隊の時に作成したものです。
現在は後任がこのプロジェクトを率いてくれています。

またミャンマーの小物は同級生が現在ミャンマーで作成している物です。
クッキーのお土産販売を中心した事業を現地で営まれています。

その他にも共同出展として2つの団体が参加してくれました。

FAVLICの活動はは社会人・学生が協働しているのですが、
現在、現役の早稲田大学生と卒業生共にいますので今回の企画が実現しました。

少し場所が悪く動員数は少なかったのですが、
逆に興味の高い人に来場いただけたのでまずまずの売上を得ることができました。

次回は早稲田祭(11月7日、8日)にも出展予定ですので、ぜひ遊びに来てください。

IMG_2939

2)こんないいの?稲門祭は日本酒祭り。

今回初めて知ったのですが、稲門祭は早稲田の校友会主催のイベントなんですね。
早稲田祭と被ってしまっていて、混同してしまっていました。

さてこの稲門祭で驚いたのが、日本酒の販売量です。

獺祭などが協賛している関係もあるのでしょうが、
いたるところで日本酒が販売していました。

聞いてみると地域の特産品を売っているブースが多く、
その一環として日本酒を押し出しているとか。

おかげでかなり朝からへべれけな状態ですよ。

ちなみに個人的によかったのは、
⑴ 酔鯨 吟麗 純米大吟醸(高知県)
⑵ 獺祭 50 純米大吟醸(山口県)
⑶ 桜川 純米吟醸(山形県)
でした。

最近色々なところで日本酒が飲めて幸せな限りです。
いい時代になりましたね。

IMG_2942

3)ITベンチャーの今を知る講演会に潜入

「次世代ベンチャーのトップランナーたち」をテーマに
田原総一朗さんが司会を務めるトークセッションがありました。

パネラーは以下の方々でした。
⑴ 舛田淳氏(LINE株式会社 取締役CSMO
⑵ 村上太一氏(株式会社リブセンス 代表取締役社長)
⑶ 宇佐美進典氏(株式会社VOYAGE GROUP 代表取締役)
⑷ 大冨智浩氏(株式会社ティルス 代表取締役社長)

IMG_2953

登壇者は全員早稲田大学卒業生なんですね。

それぞれの創業時のお話や、
LINEのサービス展開の様子などを聞けて満足の内容でした。

個人的には田原さんの見事なMCぶりに魅了されていました。

僕らでも少し理解が難しいIT分野にも関わらず、
聴衆者にわかるように小ボケを入れながら進めていました。

例えば、ITは短くて3年周期で成功モデルが変わっていくという流れの中で、
「じゃあLINEも3年後にはもう無いの?」
って本人に直接聞いちゃう感じがたまりませんでした。

この様にかなり堪能できた稲門祭でした。
久しぶりに学生気分に浸ってしまいました。

次回は早稲田祭(11月7日、8日)にも出没予定です。
お越しの際は、ぜひFAVLICのブースまでお立ち寄りください!
お待ちしております。

Leave a comment

Your email address will not be published.

*


CAPTCHA